どうすれば上手く建てられる?注文住宅の施主が抱えやすい疑問を徹底的に解説

このサイトは、家を建てるにあたっての施主の悩みや疑問を解決していきます。
満足いく注文住宅を建てたい人は参考にしてください。
費用面について悩む人もいることでしょう。
予算に余裕を持たせることが成功の秘訣であり、そのコツや方法も紹介します。
家族みんなが居心地良いと感じるように、人数に合った部屋数や間取りにすることも大切です。
業者と良く話し合い、家族が満足できるマイホームを建てたいものです。
そのためのノウハウを伝授します。

どうすれば上手く建てられる?注文住宅の施主が抱えやすい疑問を徹底的に解説

理想的な注文住宅にするには、施主と業者スタッフの関係性も重要です。
信頼できて気の合うスタッフと出会うことができれば、家造りもスムーズに進み思うような家を建てることができるでしょう。
話しやすいスタッフなら、どんな家にしたいのか念入りに打ち合わせができます。
予算内で工事をするためにもイメージ通りの仕上がりにするためにも、スタッフとの濃密な話し合いが欠かせません。
親身になってくれて良きアイデアを提案できるスタッフのいる業者で、注文住宅を建てましょう。

注文住宅に必要な収納スペースの数は?

設計の自由度が高い注文住宅では、建物の外観から室内の間取りやインテリア、さらに門塀やガレージといた外構ゾーンに至るまで、自分たちの好みにプランニングすることが期待できます。
しかしそんな注文住宅で意外と見落としやすいのが、収納スペースのこと。
見た目のデザインばかりに気を取られて収納性の計算を怠ると、室内にモノが散乱して見栄えが悪くなる、使いたいタイミングでモノが見当たらない等、住まいが完成してから収納の不便さに気づいて、結果的に後悔することにもなりかねません。
このような事態を避けるためにも、設計の段階で収納性の高い住まいを目指すべきでしょう。
その際には普段の生活パターンをはじめ、既に所持している持ち物の大きさや形状そして量、さらに将来的に必要になりそうな持ち物まで、トータルかつ多角的に検討しながら、収納スペースの容量や数そして配置などを決めることが肝心です。
特に将来的に子供が成長したり、自分たちの老後のことまで考えて、ゆとりのある収納設計が求められます。

注文住宅の作業しやすいキッチンの広さ

自由設計の注文住宅であれば、間取りについても自分たちの思いのままプランニングすることが可能です。
もちろんお台所もOK。
その種類やデザインそして機能や広さなど、自分たちのニーズや条件に合わせて設計することができます。
とはいえ、何でも場当たり的に思いつきでプランニングすれば、暮らし始めてから炊事や食事の不便さに気づいて、結果的に後悔することにもなりかねません。
したがって注文住宅でお台所の間取りを考えるにあたっては、必要最低限の基本的な知識を抑えておくことが求められるでしょう。
特に広さは炊事の作業効率に直結するため、慎重に検討することが肝心です。
その際には、部屋全体から広さを逆算することが大切なポイント。
一般的には4.5畳が理想と言われますが、もちろん部屋全体の広さや形状、そして設置するキッチンのタイプによって変わるため、これはあくまでも目安と考えるべきでしょう。
例えば対面型タイプのシステムキッチンにする場合、幅3.3m×奥行2.1mであれば、4.5帖の範囲内におさめることも可能です。
他方でアイランド型のようなタイプであれば、幅4.1m×奥行2.4mは必要になるため、6畳ほどの広さをキープすることが求められます。

注文住宅のトイレはどこに配置すべきか?

注文住宅は購入者の意見を反映させることができる故に、トイレの配置など難しい選択肢が出てくることは良くあることです。
少し古い世代の住宅の場合は玄関から近い位置に設置することが多い傾向にありましたが、現在でも設置場所としては決して少なくはないものの、敢えて水回りの設備の奥側に設置をする方法も採用されています。
逆に避けるべき場所はリビング側にドアがあり直接に入ることができる間取り、キッチンの周辺も避けなければならない場所です。
注文住宅では快適性を追求することが行われているので、家族全員が使いやすい場所で尚且つ臭いや音の問題が出ない場所、来客にも快適に使ってもらえる場所を探すことが基本です。
玄関から室内に入った時に、直ぐ横にトイレを設置するのではなく、玄関のフロアを広く設けて廊下となる部分の左右どちらかのスペースを確保する方法も悪くはありません。
注文住宅であれば家族用と来客用の2ヵ所に設置する方法もあり、配置すべき場所は想定できる選択肢を決めておきハウスメーカー側からのアドバイスを聞くことも失敗を避けるには必要ではないでしょうか。

注文住宅のリビングを2階に設けるメリット

注文住宅のリビングにはいろいろな種類がありますが、最近は1階部分を駐車場にしている人が多いです。
注文住宅になるため、自分たちで設計をしても良いことからどのような形でも構わないわけですが、なぜ2階にリビングを置くのでしょうか。
これにはしっかりとした理由があり、単純に都会に住んでいると土地が狭いからです。
土地が狭いと言う事は、住宅を建築した場合駐車場を設けるスペースがないかもしれません。
そうすると、駐車場のスペースを確保するために1階部分を駐車場にすることになります。
結果的にくつろげる部屋が2階になると言えるかもしれません。
そのメリットがあるとすれば、比較的静かな環境で過ごすことができることです。
1階部分の場合には、外からの音が入って来やすいですが、その上になるとそこまで音は入ってきません。
それ故、静かな環境を楽しむことができるわけです。
もっとも、完全に静かかと言えばそのような事はなく、高層マンションの1番上ではありませんので限界があります。
その点をしっかりと許容することが必要になるでしょう。

注文住宅に関する情報サイト
満足いく注文住宅とは

このサイトは、家を建てるにあたっての施主の悩みや疑問を解決していきます。満足いく注文住宅を建てたい人は参考にしてください。費用面について悩む人もいることでしょう。予算に余裕を持たせることが成功の秘訣であり、そのコツや方法も紹介します。家族みんなが居心地良いと感じるように、人数に合った部屋数や間取りにすることも大切です。業者と良く話し合い、家族が満足できるマイホームを建てたいものです。そのためのノウハウを伝授します。

Search